青汁でダイエット!

ランキングや知識集もご覧ください!

青汁まとめ総合サイト
画像
青汁の原材料について知る!
画像

青汁を選ぶうえで知っておきたいのが「原材料」です。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、素材に関しては色々と知っておきたいところ。 ここでは、そんな青汁の原材料について徹底解説。
素材ごとのおすすめ青汁も紹介します。

ケール緑黄色野菜の王様

画像

ケールは青汁の素材として最もポピュラーな野菜です。
緑黄色野菜の王様とも呼ばれていて、圧倒的な栄養価の高さを誇ります。
食物繊維はもちろん、その他の栄養バランスも優れていて、ダイエットにも最適だと言えるでしょう。

それに対してデメリットとして挙げられるのが「ケール特有のマズさ」です。 非常にアクが強く、苦味が強烈なのが特徴。

ちなみに「不味い!もう一杯!」というCMが流行した頃は青汁の原材料はケールが主流でした。
一般に不味いと認識されているのは、ケールが素材のものなのです。

ケールに含まれる代表的な成分:

β-カロテン・ルテイン・ビタミンC・カルシウム・食物繊維

長命草長寿の秘訣の沖縄野菜

画像

長命草は最近になって青汁に配合されることが増えてきた原材料のひとつ。
沖縄県などの海岸沿いに自生している多年草の野菜です。

日本国内でも沖縄県民は寿命が長いと言われていますが、この長命草はその秘訣になっているとも考えられています。

古くから料理や民間薬として活用されていたという歴史もあるのだとか。
抗酸化力の高さから美容への効果も期待されます。
もちろんダイエットにも役立つでしょう。

長命草に含まれる代表的な成分:

ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・カロテン・カルシウム・ポリフェノール

大麦若葉美容におすすめ

画像

大麦若葉はSOD酵素という特別な成分を含んだ新しい原材料です。
SOD酵素は非常に強力な抗酸化力を持っているのが特徴で、老化を抑えるのにも役立ちます。

ケールと比較すると苦味が非常に少なく、美味しいというのも特徴。
その為、粉末タイプの青汁で、水や牛乳に溶かして飲むタイプのものでは大麦若葉を原材料に使うのが一般的になってきています。
本当にジュースの様な感覚で飲むことができるので、粒タイプではなく、飲んで青汁を味わいたいという人にはおすすめ。

大麦若葉に含まれる代表的な成分:

SOD酵素・カルシウム・鉄・β-カロテン・ビタミンB1

明日葉八丈島の自生野菜

画像

明日葉は八丈島が原産の植物で非常に生命力が強いのが特徴です。
特有成分であるカルコンには老廃物を排出させる働きがあり、デトックスの効果が期待されている側面もあります。

この理由から浮腫み(むくみ)を解消したい人におすすめです。
もちろんダイエット目的でも、ある程度の効果は実感できるでしょう。

明日葉を原料として使っている青汁で最もポピュラーなのがふるさと青汁です。
このふるさと青汁には、明日葉の葉や茎だけではなく貴重な根っこまで使用されています。
カルコンは根に沢山含まれているので、明日葉を飲みたいなら、これはかなり嬉しいですね。

明日葉に含まれる代表的な成分:

カルコン・β-カロテン・ビタミンB群・ビタミンC・カルシウム・カリウム

HOME MENU

おすすめ青汁

Copyright© 2010 Aojiru Diet Navi All Rights Reserved.